ほっと一息!職場にコーヒーサーバーを導入しよう

コストとニーズを考えて

レディ

選ぶときのポイントとは

仕事をしているときの気分転換や、眠気覚ましにコーヒーを飲むという人はかなりの数に上ります。そういった人のためにオフィスコーヒーを設置する会社も多く、社員の福利厚生として有効な手段といわれています。オフィスコーヒーと一口にいっても、自販機タイプもあれば、その都度淹れるタイプもありますし、淹れおきして飲むタイプもあります。コスト、設置面積、味、味のバリエーションなどもそれぞれ異なっており、ニーズに合わせて選ぶ必要があります。大きなポイントとなってくるのはコストと設置場所、利用者のニーズでしょう。まずコストですが、初期費用とランニングコストの二種類に分かれます。初期費用は自販機タイプなど機械が大掛かりになるほど大きくなる傾向にあり、一杯抽出タイプなど小さいサイズになると費用も安くなる傾向にあります。中には導入サポートのために機械代は無料としているものもあります。ランニングコストは電気代、缶やカップなどのゴミがでる場合はその回収や機械の清掃にかかる人件費、原料費などがあります。これらは使用頻度でも変わりますが、だいたいの費用を見積もりをとる段階で聞いておくべきでしょう。設置場所の問題もあります。オフィスコーヒーの機械は自販機などだと大きくなりますが、一杯抽出タイプなどはかなり小さめです。オフィスの大きさによっても変わるので、おけるかどうかは重要なポイントです。また、本格的なコーヒーが飲みたいのか、バリエーションがほしいのか、とりあえず飲めたらいいのかなど利用者のニーズによっても最適なオフィスコーヒーは変わります。導入前にアンケートなどでニーズを探っておくのも手です。

Copyright© 2017 ほっと一息!職場にコーヒーサーバーを導入しよう All Rights Reserved.